今年は例年よりも楽に稲刈りが終わってほっとした


我が家には田んぼがあり、当然毎年稲刈りをしているのですが今年も無事稲刈りが終わってほっとしています。
ここ数年、毎年泥に足をとられたり、それで転んで泥まみれになるなどしんどい思いをしていました。

しかし今年は私が穴が空いた長靴で泥に踏み込んで足をびっしょり濡らしたことぐらいで、それ以外は特に大変なことはなく楽で良かったです。
毎年このように行って欲しいのですが、来年はどうなるのでしょうか。
どうなってもそれならそれなりに楽しんでやりたいものです。

稲刈りの次は米作りという作業をするのですが、それは機械で脱穀した玄米を袋に詰め、それを指定のやり方で口を締めるというものです。
いつもは父が口を閉じる役割をしていたのですが、今回は私がやるよう命じられ最初は慣れないのでマニュアルを見つつ汗みずくで作業しましたが、次第に慣れて楽々できるようになりました。
そういう自分の成長ぶりを実感できたところが中々楽しかったです。
それが終わると我が家で食べる分を専用の冷蔵庫に積め、そして業者に納入する分を指定の並び方にして取りに来ることを待ちます。

これで我が家の毎年の義務のようなものが終わりました。
今年はもう残り2ヶ月弱、自分のビジネスなどをしっかり頑張っておいて良い年末年始を送りたいものです。